FC2ブログ
La vida diaria
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都さんぽ vol.2 ~日本が誇る素敵なブックショップ。
京都さんぽの続きです。

フランジパニさんの後は、今回のメインエリアとなる一乗寺へ。
鞍馬口から直接向かう方法を見つけることができなかったので、北大路バスターミナルまで歩いて、そこからバス(204系統or206系統)で一乗寺エリアへ向かうことに。
高野という停留所で降りて、そこから5分も歩けば叡山電鉄・一乗寺駅付近です。


まず向かったお店は・・。
121015_1.jpg
今や一乗寺を代表する有名スポットとなった『恵文社』さん

イギリスのガーディアン誌が発表した「世界の素敵なブックショップ・ベスト10」にも選ばれた・・「本にまつわるアレコレのセレクトショップ」です。


121015_2.jpg
向かって右側が、器やキッチングッズなどの生活雑貨と、生活に関連した書籍を展示している『生活館』。

お料理や器に関する本が紹介されてるんですが・・街中の大型書店では見たことがないようなモノもたくさんあって、見ごたえたっぷり。

生活雑貨のコーナーには、イイホシユミコさんの器や、いつか欲しいな~と憧れている工房イサドさんのカッティングボードや桜の木のプレートが
モロッコのアプリコットの木で作られたカトラリー類も、手頃な価格で素敵でした。



121015_3.jpg
左側の扉から入る中央のスペースがメインの書店フロアで、こちらでも取り扱っている本の世界観にまつわるCDや雑貨などが、色々と並んでいます。


書店の左側のスペースには、旅にまつわる本がアレコレと。
京都に関する本が豊富で・・ココだけで数時間過ごせそう♪

店内の家具は、ビンテージの素敵な家具で統一されてるんですが、この左側のスペースにあったキャビネットがダントツに私好みで、売り物じゃないのに”じぃーっ”と見入ってしまいました^^



話しは、少し逸れますが・・。
121015_4.jpg
左側のスペースには通りに面した扉はないんですが、窓の上には関美穂子さんのイラストが飾られてました。

先日伺った神戸の『にじゆら』さんで、関さんのデザインされた手ぬぐいにとっても魅かれて・・以来、とっても気になる方なんです



この左側のスペースの奥にあるのが、文具やスタンプを取り扱う『アンフェール』。

ここにあったデンマークのクリスマスシール(毎年、クリスマスシーズンにデンマークの郵便局で発行されるシールで、その収益金は結核で苦しむ子供のための療養施設の建設に当てられるんだそうです)が、とっても素敵で

自分の生まれた年のモノがあれば欲しかったのですが、70枚以上ある在庫の中に、残念ながら1972年のシールは見当たらず
それならば・・と、オットの生まれ年のモノも探したんですが、コチラもなし~。'71年とか'73年・'76年・・と、その前後の年のモノはあったのに~(涙)今回はご縁がなかったみたいです。

併設されているアンフェールギャラリーでは、さまざまな展覧会が定期的に開催されていて、この日は「暮しの手帖のことば展」が開かれてました。23日~の早川ユミさんの「台所のぐるり展」を拝見してみたかったな~。


評判に違わぬ素敵なお店で。
今回の滞在リミット1時間では、とても堪能しきれませんでした。
(あっ!という間に時間が過ぎてて驚いたほどです^^)

次に京都を訪れる時、どのエリアを周るかはまだ決めてませんが、どのエリアへ行くにしても恵文社さんを訪れる時間は作りたいな~と、今から既に決めています(笑)

神戸にもこんな本屋さん・・あったらいいのにな。




よかったら応援お願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。