La vida diaria
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
贅沢な(?)ピザトースト。
くるみの木風ピザトースト
今日の朝食。
ピザトーストとハチミツ&ラム酒を入れたCACHE-CACHE。

本屋さんで立ち読みした「くるみの木」のレシピ本に載っていたピザトーストを作ってみました。
マヨネーズ&塩胡椒&マスタードで味付けしたマッシュポテトに、ベーコンとチーズを乗せてトースターでするだけのお手軽レシピなんだけど、すご~く美味しかったです

夕食にポテトサラダを作った翌日に、ポテサラ&チーズでピザトーストをよく作るんですが、それよりも断然美味
マスタード×ベーコンの組み合わせって、どうしてこんなに美味しいんだろ~。

食パンは「サ・マーシュ」のパンドミーを使いました。
サ・マーシュ×くるみの木のコラボ・・何て贅沢なんでしょ!
ただ、作り手がワタシ・・というのが惜しいトコロだな(苦笑)

スポンサーサイト
リメイクコロッケ。
肉じゃがコロッケ。
肉じゃがの翌日はコロッケ。
これ、我が家の鉄板ルールです。

家で作るコロッケって、お店で買うコロッケに比べて手間も材料費もかかってるはずなのに、どことなく味がぼやけてて好きじゃなかったんですよ・・子供の頃から。

でも、ある時・・肉じゃがの残りで作ってみたら、味の輪郭がはっきりした、とっても美味しいコロッケが出来て
それ以来、肉じゃがリメイクコロッケが我が家の定番になりました。
最近では、コロッケを作りたい前日に肉じゃがを作る・・ってパターンの方が多いくらい

リメイクする際のコツは・・。

* 肉じゃがに残ってるジャガイモの1/3~1/2量のジャガイモを茹
 でて加える。
* 煮汁は、肉じゃがのジャガイモ2コに対して大1、新たに加える
 ジャガイモ1コに対して大1くらいの割合で残す。


・・くらいかな?

今回は、普通のお肉で肉じゃがを作ったので、リメイクする際に挽肉を炒めて加えましたが、肉じゃがを挽肉で作っている場合は、加えるのはジャガイモのみでOKです。

一からコロッケを作るのに比べたら手間も少なくて済むし、味付けもしなくて良いし・・時短&節約を兼ねた優秀料理
オススメで~す

生姜のチカラ。

先週末・・風邪の気配を感じたので、慌てて「黒糖しょうがぱうだー」なるものを買ってみました。

沖縄のさとうきびから作った黒糖に生姜のエキスを混ぜたモノで、お湯で割ったら生姜湯になるんだそうですが、私は専ら紅茶かホットミルクに入れて飲んでいます

飲み始めて一週間ほどになりますが・・良いですよコレ。
風邪の気配も遠ざかってくれたし、末端冷え性の症状が和らいで「湯たんぽとお友達」してる時間も、ずいぶん短くなりました。
やっぱり身体の芯を温めるって大切なんですね。

もちろん、本物の生姜を絞って紅茶やミルクに入れる方が、効果も風味もあるのはワカってるんですが・・面倒じゃないですか(笑)

「その気」になってる時はいいんですけどね。
ちょっとでも気持ちがトーンダウンすると面倒なことはやらなくなっちゃう性質なので・・ものぐさな私には、こういう手軽なタイプが一番なのです。携帯できるから、出先でも手軽に生姜を摂取できるし

ちなみに・・生姜入りシロップやお砂糖の中で一番お気に入りなのは、『ヴェーダヴィ』のジンジャーシロップ
なかなか良いお値段するけど、生姜ーっ!って味と香りで生姜好きにはたまらないシロップです。
このシロップを、ライムと炭酸で割って作るジンジャーエールは絶品ですよ

冷えに弱い体質なので(すぐ胃が痛くなるんです)生姜のチカラを借りて、今年の冬も元気に乗り切りたいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。