La vida diaria
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都さんぽ vol.5~フィンランド専門のビンテージショップ。
長々と続いて、退屈されてる方もいると思いますが・・。
京都さんぽの第5弾です。今回でセミファイナルなので、あと少しお付き合いくださいね~。


『alpaca』さんを後にして、白川通りを南へテクテク。
ちょっと高級な感じの住宅街の中を、不安になりつつ進んでいくと・・ありました~
121022_1.jpg
フィンランドの国旗がたなびく一軒家
フィンランド製品のビンテージショップ『サルミアッキ』さんです。


121022.jpg
大きな窓から見えるアールの壁。
フィンランドのオレンジ色のポスト。
如何にもヨーロッパ!な雰囲気のドアノッカー。

エクステリアの時点で素敵すぎて、お店に入ってもいないのにテンションが上がってしまいましたよ~。


お店の中も、それはそれは素敵で・・
(店内の様子をご覧になりたい方は・・公式サイトのabout usに素敵な店内写真がアップされてるのでご覧になってくださいね)

私が伺った時は、「秋のセラミックフェア2012」が始まったばかりの頃で、アラビアのウッラ・プロコペ(ULLA Procope)さんデザインのSモデルが、たくさん紹介されていました。

まだまだ北欧食器・・特にビンテージについては勉強中で全然詳しくない私。
今回のSモデルというシリーズも初めて目にするものだったんですが・・北欧の器にしては渋い”どっしり”した雰囲気の器で、どことなく昭和レトロっぽい佇まいに、すっかり虜になってしまいました

遠方から伺っていて荷物が多くなるのは避けたかったので、残念ながら今回の購入は見送り~になりましたが、近いうちに我が家にもビンテージの器をお迎えしたいな~って気持ちになりました。
マズイぞ~^^;


お店の中には、セルフサービススタイルのカフェコーナーもあって、フィンランドのコーヒーやお菓子をいただくこともできるそうです。
私は時間がなくて利用できなかったんですけどね(>_<)
今度、機会があれば北欧の雑誌を読みつつ、お店の方にフィンランドのことやビンテージのことをゆっくり教えていただきたいな~。
オーナーさんの奥様なのかな?ゆるゆるっとした雰囲気の素敵な方で・・他のお客さんがいなかったので、色々とお話させていただきました。
世界一まずい飴・サルミアッキの食べ比べをされたことがあるんだそうで・・その体験談を聞けただけでも、今回行った価値がありました^^




サルミアッキさんでのお持ち帰り品は・・。
121022_7.jpg
お店で飲めなかった・・フィンランドの「ROBERT'S COFFEE」。
ブルーベリーとオレンジのフレーバーコーヒーです。フルーツフレーバーのコーヒーって珍しいですよね?

さっぱりと飲みやすい”北欧らしい”コーヒーなんだそうです。
美味しいチョコレートをお供に、残業ですご~く疲れた夜にでもいただきたいと思います♪



よかったら応援お願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
京都さんぽ vol.4 ~ママに優しいアンティークショップ。
ちょっと間があいてしまいましたが、京都さんぽの第4弾です。


一乗寺駅から東へ歩くこと5分ほど。
白川通りに突き当たる少し手前に、目的のお店がありました。
121021_1.jpg
子供服とフレンチアンティークのお店・・『alpaca』


伺った時は、他のお客さんがいなくて私だけだったので、店主さんと少しお話をさせていただいて・・珍しく店内の写真も撮らせてもらっちゃいました。

121021_2.jpg

121021_3.jpg
小さな店内には、お宝がギッシリ。
どこを見ても、うっとり~な大人可愛い空間で、終始目がハートマークになってました。
こんな部屋に住みたいけど・・私みたいな凡人にはムリ~。
見て憧れるのが精一杯です^^


店内の商品は大半がアンティークで、棚の上に無造作に置かれてるモノ達も、なっかなかのお宝価格。
中には「触ってゴメンナサイ!」って言いたくなるようなお値段のモノもあって・・庶民な私に手が届くモノは少なかったけど、目の保養はバッチリさせていただきましたよ。


そんな高嶺の花のお宝の中から、コチラをお持ち帰りしました~。
241021_4.jpg
アンティーク調のゴプレット。
ピンクと飴色・・どちらの色も素敵で、どちらか一色に決めきれなかったので、色違いで1つずつ買いました。

実はコレ・・alpacaさんに行かれた方がブログに載せてらっしゃる店内写真を見て、一目惚れしたモノなんですよ。

きっとお高いんだろうな~と諦めてたんですが、実際お店に行ってみると驚きの庶民価格!で、1つ1400円ほどでした(*^▽^*)ノイエイッ♪
フレンチアンティークのリプロダクト製品で、ベトナムで作られたモノなので、こんなにプリプラなんですって。嬉しい~


お店の奥には、靴を脱いで上がれる小さなキッチン&和室のスペースがあって、こちらはギャラリーやワークショップの教室として使われたり、お子さん連れのお母さんが授乳や着替えをするためのスペースとしても開放されてるんだそうです。

小さなお子さんがいるお母さんって、お出かけするのも大変そうだし、雑貨屋さんなどでは肩身の狭い思いをされることも多いと思うので・・こういう子供連れに優しい雑貨屋さんって嬉しい存在ですよね。

オーナーさんの人柄が現れた優しい空気感に満ちた居心地の良いお店。一乗寺に行った際は、また立ち寄らせていただきたいと思います。




よかったら応援お願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村



京都さんぽ vol.3~北欧雑貨NeNeとマザーウォーターの風景
京都さんぽの第3弾~。


恵文社さんを出た後、次の目的地へ向かうべく一乗寺駅方面へ歩いていると・・叡山電鉄の踏み切りを通り過ぎて、すぐの場所に可愛らしい北欧ショップを発見☆

121016.jpg
北欧雑貨NeNe
入り口の上に「KARIN」とありますが、これは関係ないみたい。
2軒隣りに同じ名前の喫茶店があったので、そこが元々入ってたのかな?


こちらのお店、全くノーチェックだったので、帰ってきて調べてみたところ・・今年の8月にオープンされたばかりの新しいお店のようです。


ビンテージと現行品の両方を取扱っていて・・ロールストランドの品揃えが、とっても豊富でしたよ。

あまりお店では見かけないスンドボーンも、C&Sやらディーププレートやらボウルやらフルラインに近い状態で揃っていて・・ロールストランド好きの私としては、とってもテンションの上がる場所でした

一番惹かれたのが・・

入口付近にあったムーミンのドールハウス
多分、コレ↑かな?

すっごく可愛くないですか?
子供がいたら、子供のため!って口実で買えるんだけどな~



一乗寺の町は、どこか懐かしい感じのする庶民的な町で・・。
素敵なパティスリーやカフェ・雑貨屋さんもアチコチにあるんだけど、昔ながらのお店に混ざるように存在してるからかな?・・気取った感じがなくて、どことなく”ゆるゆる~”っとした雰囲気が漂っていて、何だかすごく感じの良い町でした。ここに住んでみたいな~・・なんて思ったけど、暑いのも寒いのも苦手だから京都暮らしはムリですね^^;




::マザーウォーター好きさんのためのおまけ::

高野でバスを降りた後、恵文社さんへ行く前にちょこっと寄り道~。


121016_2.jpg
ここ・・ど~こだ?





正解は・・。


121016_3.jpg
ヤマノハさんが勤めてた家具工房。
映画では、ほんのワンシーンだけ登場しましたよね♪

こちらは・・「葡萄ハウス家具工房」というビンテージ家具を扱うお店の1号店です。
1号店は日本の古家具のみの取り扱いですが、恵文社さんの並びにある2号店では北欧のビンテージ家具も取扱ってらっしゃるんだそうで・・。

恵文社さんでもコチラの家具を使われているとのことだったので、お店に伺うのを楽しみにしてたんですが・・この日は15時オープンに時間変更されいて、残念ながら伺うことができませんでした

次はリベンジするんだ~!



そして、も一つ。

121016_4.jpg
ここは・・わかりますよねー?


121016_5.jpg
マコトさんとハツミさんが、ポプラ君と一緒に卵サンドを食べてた公園です。


ミックストースト食べたところだったんで、卵サンドは食べられませんでしたが・・ベンチに座って、暫し「ほっこり」してきました

公園に先客のオジサマが一人いらしたんですが・・。
いきなりやってきて、誰もいないベンチをパシャパシャ撮影するワタシって、さぞかし怪しかっただろうな~(笑)




よかったら応援お願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。